耳が聴こえない女の子が主人公の
フィクション漫画「かげひなたに咲く花」
第119話です!

第1話はこちら

昔話119





もし、聴覚障害の生徒を受け持つ場合
書類や引継ぎなどで、事前に情報が
入ってくるのだと思います。

そして、子供の方も
何となくそれを察しています。

何となくでも
コミュニケーションが
成立してしまうと、

わかっている「つもり」
或いは
わかってもらっている「つもり」
になってしまい、 

疑問を持たなくなってしまいます。
持ったとしても
「そういうものだ」と
飲み込んでしまう場合もあります。


子供の年齢や状況にもよりますが、
お互いに直接確かめ合える関係を作り、
隙間を埋めていく作業が
大切になってくると思うのです。




コメントの返信が遅れております、
申し訳ございません(;´д`)
少しずつお返事していきますね!




*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

LINEで更新通知を受け取れます♡


●Twitter
@mikazuki_yumi

●Instagram

●三日月の朝 お取扱店
新潟県新潟市江南区亀田本町1丁目1-22
平日:13時~20時営業/土日祝:11時~18時営業
水曜日定休(イベントでお休みの場合もあります)
★お車は道路を挟んで向かい側の炭よし様駐車場にお停め下さい
☎025-383-6992 
✉yorimichi0316@gmail.com

●消しゴムはんこオーダー/お仕事のご依頼など
こちら★(メールフォームが開きます)
※迷惑メール対策をされていると、
こちらからの返信が届かない場合がございます。


良かったらポチッとクリックお願いします♡

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。