背中をポンポン

ご訪問頂きありがとうございます。
このブログでは、耳が聴こえないヒトと聴こえるヒトの物語や、
アトリエ『三日月の朝』の作品を載せています。

※当ブログに掲載されている内容(文章・画像やイラスト)の無断転載&無断使用は禁止です。

2020年06月

耳が聴こえない女の子が主人公のセミフィクション漫画「かげひなたに咲く花」第163話です。前回のお話はこちら 【補足】台詞は、全て手書きで書いてありました。確か一度パラパラ~って見たあとに(その方が内容を把握しやすいと思ったので)テレビを見ながら、場面と文字を ...

耳が聴こえない女の子が主人公のセミフィクション漫画「かげひなたに咲く花」第162話です。前回のお話はこちら  「文字起こし」なんて言葉当時は知らなかったけれど母がやってくれたことはまさにそれだったなぁ、と今となっては思います。続きはこちら *・。*・。*・。*・。 ...

耳が聴こえない女の子が主人公のセミフィクション漫画「かげひなたに咲く花」第161話です。新シリーズ始まります☆今回は短く4~5話で完結予定です。白線流し見てた人いるかなー( *´艸`)そう!今ではほとんどの番組に字幕が付きますが当時は全くなくて。そんな時代を思い ...

耳が聴こえない女の子が主人公のセミフィクション漫画「かげひなたに咲く花」第160話です。前回のお話はこちら ☆おしまい☆『気持ちだけありがとう』『気持ちは嬉しいんだけど』こういった建前のない、心からの「ありがとう」。それはシンプルでまっすぐで言う方も言われた ...

耳が聴こえない女の子が主人公のセミフィクション漫画「かげひなたに咲く花」第159話です。前回のお話はこちら 実際のお手紙の内容とは変えていますが、カンナちゃんは手紙を通して自分の想いを綴ってくれました。『私(花)がどうして怒ったのか』そこに気がついてくれたん ...

耳が聴こえない女の子が主人公のセミフィクション漫画「かげひなたに咲く花」第158話です。前回のお話はこちら 子供の頃の通学路。そういえばブロック塀あったなぁ~。今は安全対策のためもあって昔ほど設置されてはいないですよね。続きはこちら *・。*・。*・。*・。*・。* ...

耳が聴こえない女の子が主人公のセミフィクション漫画「かげひなたに咲く花」第157話です。前回のお話はこちら まだ決着(?)はついていないのですが、この流れも思い返してみるとホッコリします(*´∀`)続きはこちら *・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。LINE ...

耳が聴こえない女の子が主人公のセミフィクション漫画「かげひなたに咲く花」第156話です。前回のお話はこちら 本編と関係ありそうな無さそうな与太話だけれど、子供の頃って女の子同士ケンカするとずぐ「絶交!」って言っていたなぁ~。でも本当に縁を切りたいわけじゃない ...

耳が聴こえない女の子が主人公のセミフィクション漫画「かげひなたに咲く花」第155話です。前回のお話はこちら この物語では花もカンナも、まだ小学生。子供です。子供って自分の欲望に忠実だしできないことをやりたがるし 結果しか見ないし本当に未熟な生き物なんです。続 ...

耳が聴こえない女の子が主人公のセミフィクション漫画「かげひなたに咲く花」第154話です。前回のお話はこちら 戦闘開始のコングが鳴らされた…!!(笑)続きはこちら *・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。LINEで更新通知を受け取れます♡●Twitter@mikazuki_y ...

耳が聴こえない女の子が主人公のセミフィクション漫画「かげひなたに咲く花」第153話です。前回のお話はこちら隣に座っていた仲良しの小雪ちゃんに話しかけられてつい、手が止まってしまったカンナちゃん。おーーーーーい!!!おーーーーーい!!!!!!みたいなね(;´∀` ...

耳が聴こえない女の子が主人公のセミフィクション漫画「かげひなたに咲く花」第152話です。前回のお話はこちら どうして書かないのかな?と思ってクラスメイトの様子を観察していると、視線(瞳)はまっすぐ前を向いている、かと思うとかすかに揺れたり上向きになったり横向 ...

耳が聴こえない女の子が主人公のセミフィクション漫画「かげひなたに咲く花」第151話です。前回のお話はこちら ブラック花ちゃん発動でございます(笑)そう、先生は忙しい。毎回毎回、終始隣にいてくれるわけではないのです。(それでもなるべく、要約筆記をしているあいだに ...

耳が聴こえない女の子が主人公のセミフィクション漫画「かげひなたに咲く花」第150話です。前回のお話はこちら 実際に作者が体験したエピソードです。朝礼のときに私の隣には先生が座り、要約筆記をしてもらうのが当たり前の光景となりました。クラスメイトもそれをずっと見 ...